前回書いた記事のような事を、かいつまんで精神科の先生に説明すると、

「精神的に不安定だからそうなるのは仕方ない」

との事でした。


それと、ちょっとした事が気になって仕方なくなって
頭から離れなくなるのも

精神的に不安定だから~だそうで、

「しんどいとき用」の薬を追加で処方してくれました。

これは、自分が使ったように
「しんどい時」に使えば良いとの事で
使い方を間違っていたかもしれないと思っていたので安心しました。

イライラを抑えるために「しんどい時用」の薬を飲んだので。

今後も、何か気になって仕方なくなってしんどくなった時とか、
うまく薬を使ってコントロールしなさいという事でした。


それと、精神科に通い出してから、もうすぐ半年になります。

この間で、約8キロほど体重が減りました。

全く食欲がなくて、

精神科の先生はその事を重大に考えていて、

新しい薬が1種類追加されました。

薬局でもらった説明書によると
「胃潰瘍と十二指腸潰瘍の薬です。気持ちを楽にして意欲を高める薬です。」
「不安や緊張を取り除く薬です。」

と書いてありました。

これを毎食後、一日3回飲む事になりました。

いままで食後に2錠も鬱の薬を飲んでいたので
これからは3錠も飲む事になります。

薬漬けの生活・・・


まさかここにきて薬が増えるとは思わなかったので
動揺しています。


前日に、元嫁から連絡があって(元嫁も鬱病になってしまって心療内科にかかっていた)

「昨日で診療内科終了した!」
「また、しんどくなったらおいでと言われた!」

と、喜ばしい報告を受けていたので
その反動が大きすぎて、
まだ元嫁には報告できていない。


ちなみに、「しんどい時用」の薬は
説明書には

「心と身体の調子を良くする薬です。」
「不安や緊張を取り除く薬です。」

と書かれています。

精神科の先生には「頓服」と言われて処方されてます。

これを飲むと
本当にしんどかったのが、ちょっと楽になり
眠る事ができます。

普段、あまり眠る事ができないので、
こないだは助かりました。

去年処方されて7錠もらったのに、
まだ2錠しか飲んでいません。

それなのに、
今回また7錠も処方されました。

もっと、うまい所でこの薬を使って
自分をコントロールしろと言う事なんでしょうか?


新しい薬の方は、
まだ実感がわかないけれども、
こうしてブログを書いているので、
確実に「意欲は高まって」います。


でも、薬の量が増えたのはショックでなりません。

元嫁は自分で薬を飲まなかったり、
飲む量を調整したりしていたみたいですが、

自分にはそんな器用な事はできません。

先生に言われたら、そうするしかできません。

このあたりが、
欝病の原因なのか、鬱病が長引く原因なのかもしれないと思う
今日この頃です。



うつ病ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村