精神科の先生に離婚の報告をして、
元嫁と愛犬と3人で久しぶりに会う事ができて
すごく楽しかったし、嬉しかった事、

そしてその後、家で一人になった時、
なんとも言えない感情がこみ上げてきて
号泣してしまった事。

久しぶりに3人で行動を共にして、
それは離婚届を出すという悲しい出来事やったけど
すごく楽しく嬉しかった。

なんか安心感というか、
元嫁も鬱病になって、やっと欝病を理解してくれて
出会った頃のような優しい人になっていた事。

愛犬は相変わらず可愛かった事。

その反動なのか、一人で号泣してしまって
母親に見つかって
「あんたがそんなめそめそしてどないすんの!?」
と説教された事。


色々と報告をしました。


精神科の先生は、僕の鬱病の原因でもある元嫁との離婚が
最大の課題だと思っていたらしく、

「それはだいぶん大きな事をやり遂げたから、疲れが出たんだと思う」
「普通の感情です」

と、あっさりとした答えでした。

そして、

「これからですね。これから、ゆっくり治して行きましょう」

と精神科の先生は言いました。


な、なんと!!

これから!?

これから、ゆっくり治して行くと!?


僕の鬱病の原因でもある元嫁との離婚が成立したのに、
原因を1つ取り除いたのに、

まだこれからなん!?


もう一つの原因である会社の件は、
もう数日で「休職期間満了による退職」扱いになって、
それも取り除かれます。

それでも、まだこれからゆっくり治していくとは!?


欝病って一体どれだけ時間がかかる病気なんでしょうか!?


通院を始めてからもう4か月です。

まだまだ精神科に毎週通うことになるんでしょうか?


とりあえず次は、会社の件をやっつけないといけません。

会社の件がなくなって、無事無職となったら
欝病はなおるんでしょうか!?

それとも、無職になってハローワークに通えるようになったら
欝病は治るのか!?


一体いつまで欝病と闘い続ければいいのか!?

その精神科の先生の「ゆっくり治していきましょう」という一言が
忘れられません。




うつ病ランキング


別居生活ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村