別居中の嫁からLINEが届いていて
「色々と聞きたい事とかあるから、電話してほしい」
と、気になる文章が入っていたので

前回の電話を思い出して、一回躊躇したけど、
気になる方が勝ってしまって電話をした。

前回の時とは違った人みたいに優しくなっていて、
聞きたい事というのは、
本当にしょーもない事だったけど、

そういう、しょーもない事まで
今までずっと僕がやってきた事だったので、
(嫁がわからんといって放置するので)

そういう意味でも
僕に頼りっぱなしだったと猛反省していた。

別人になってしまったような優しい感じで
反省した別居中の嫁は、

今回、離婚する事で精神的に参ってしまったのか、
よく泣くようになったらしい。

何もする気が起きなくなって、
家族から心療内科を受診するように勧められたらしい。

いつも通っている病院の先生にも勧められて
心療内科を紹介してもらい、

先月受診した所、
別居中の嫁も「鬱病」と診断されたらしい。


嫁の場合は自分の持病の事や他の色んな病気の事、
今回、僕と離婚する事などで
メンタルをやられてしまったみたいで、

でも、嫁は、
僕とは違って、元々前向きに考える人なので

「早く治ると思う。あんたよりは重症じゃない」

と、勝ち誇っていて
電話で話していても終始明るかった。

そして、前回、僕の事をめちゃくちゃに責めたてた事を詫びていた。

やっと欝病に関して、理解をしてくれたみたいだった。

夫婦そろって欝病になるのは、
珍しい事ではないらしい。

でも嫁は全く後ろ向きには考えていなくて、
心療内科で貰う薬がよく眠れると喜んでいた。

前から不眠の傾向にあったので、
それは良かったと心から思うし、

よく眠れる事で治る病気も
もしかしたらあるかもしれない。


僕は、前回の嫁との電話のショックで
かなりのダメージを負ったけど、

今回の電話の感じでは
ダメージを負う事なく話ができたので
それは良かったと思う。

別居中の嫁の家族も、嫁と僕を心配しているようで
それは本当に申し訳なく思う。

離婚届を出す日の調整とか、
一緒に入っていた生命保険(嫁の親戚の保険会社)の事とか、

色々と話を進める事ができたので、
それも良かったと思う。

離婚はするけど、ずっと待ってると言う別居中の嫁の言葉が
ちょっと引っ掛かったけど、

錯乱する事もなく、ダメージを負う事もなく
別居中の嫁と電話で話しができて
色々と話を進める事ができて良かったと思う。

とりあえず話をする事ができて良かった。

別人のように優しく思いやりのある
出会った頃のような優しさに溢れた嫁に戻ったみたいで
良かった。

とりあえず良かった。







うつ病ランキング


別居生活ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村