変な時間に起きてしまって、
また変な事を考え初めてしまっている。

夜中に目覚めると、いつも不安な事とか
嫌な事とか、マイナスな事ばかりが頭をよぎる。

いつも(前まで)別居中の嫁と話していて
(今は、また錯乱するかもしれないので話さないようにしている)

言いたいけど、言えなかった事がある。

それが、この記事のタイトル通り。

夫婦というのは、助け合って生きていくものだと思っていた。

どちらかが病んでる時は、どちらかが助けて、
その反対もあって、
支えあって生きていくものだと思ってた。

周りの友人たち夫婦は皆そうしているし、
親もそうだった。

そうじゃない夫婦は離婚している。

僕は10年の同棲期間(嫁が転がり込んできた)を経て
入籍したけど、

同棲期間中も、助けてはくれなかった。

入籍後ももちろん助けてはくれなかった。

家事をしてくれていたのは本当に感謝しているけど、
それ以外は何も助けてはくれなかった。

同棲期間中に、怪我をして入院して手術した事があって
その後、何週間か仕事を休まざるを得なかった時期がある。

その時も、助けてはくれなかった。

怪我の傷が治るまでは安静にするようにとの医者の指示で
自宅で安静にしていた時でも、

「ずっと家におられたら息が詰まるわ!」

と言い、
働きに出る事なく外に歩きに行ったりしていた嫁。


その当時は、働きすぎていて考える力がなくなっていたので、
そういうものなのかと思っていたけど、

今よく考えると、
転がり込んできた嫁が言うセリフではない。

怪我の手術する前、
僕が働けなくなるから、
「私が働いて助けたるから安心し!」
と言ってたのに、

現実は全く違った。

自宅で安静にしていたら「お荷物」呼ばわりされて
「はよ働きに行け」と。


医者の許可がいるのに、そんな事を言う嫁。

その時に気づくべきでした。
追い出すべきだったんです。


欝病になる引き金となったのは、
仕事中に追突されて相手に逃げられ、
100%相手が悪いのに社長に理不尽に怒鳴られた事。

その時にはもう嫁は実家に戻っていなかったけど、
その話をすると
まず最初に出てきた言葉が

「収入がなくなるなー」

でした。


1年7か月前、嫁の提案で僕の実家で母親との同居を始めたのに、
一方的に母親の陰口を言い散らかして
3か月で出て行った嫁。

入籍したら、変わるとちょっと思ってた自分がアホでした。

余計に酷くなってました。

欝っぽくなって仕事に行けなくなった時も、
すぐには嫁に言えませんでした。

助けてくれないのはわかっていたし、
収入の事を言われると思っていたから。

案の定、
鬱っぽくなって仕事に行けてないと告白した時

「収入どうなんの?」とお金の事が一番に口から出てきました。

「私が頑張って働いて、また一緒に住むための貯金をするから!」
と言いながら出て行った嫁は、
一度も働かず、お金を求めるだけ。

嫁から連絡がある時は
お金が必要になった時だけ。

結婚しても助けてくれない。


「あんたのお義母さんの老後の面倒は私が看るから一緒に住ませてください」と
頭をさげてきた嫁。

実際は、テレビの音がうるさいとか、
電話の声がうるさいとか、
しょうもない陰口ばかり僕に言って
早く引っ越したいと言った嫁。

そのお金はどこから出るんですか?
同居したらパートするとか言ってたのは?


思い出したらキリがないけど、
ストレスに弱い持病を持っている嫁に

強く言い返せなかった自分が悪い。
それは分かっている。

1言えば100返ってくる嫁に
強く言えなかった、分かってもらえなかった自分が悪いんです。


嫁が出て行った時、将来を悲観し出して鬱っぽくなって、
仕事中の追突事故の後の社長の対応がキッカケになり
欝病を発症したと
精神科の先生に言われて泣いた。


自分が強く言えなかったから、
自分が追い出さなかったから、
一度、出て行けと言った事があるけど、
泣かれてしまったら、
もうどうしようもできなかった。

全て自分が悪い。
自分で招いた結果です。

最初の頃に気づくべきだったんです。


嫁との最後の電話の時にも
「夫婦って助け合うもんじゃないの?助けてくれないの?」
と、言いたかったけど言えなかった。


代わりに嫁から
「鬱なんて気の持ちようやから、はよ働け!」
「働かれへんのやったら、ボランティアでも行ったら!?」
「あんたと話してたら私まで鬱になるわ!!」
とか言われて、

この13年の色んな色んな出来事を思い出して
錯乱してしまった。

その後、嫁とは直接話してもないし、
連絡もとってないけど、

間に入ってくれている母親が言うには

「全部自分が悪いんです」

と、いつも電話で話すときに言いながら泣くと言う。


もう、遅いわ。


この13年間を、できることなら返して欲しい。

けど無理なのはわかってます。

ここから始めます。

愛犬の事は本当に辛いけど、
無事に元気に寿命を全うできるようにいつも願っています。
幸せにしてもらえるように願ってます。


嫁と楽しかった思い出も幸せだった思い出も沢山あるけど、
嫌な思い出の方が強烈なのが辛い。

これから取り戻していきたいと思ってます。

誰にも縛られる事なく
自分の思うように生きて行きたいと思ってます。


変な時間に起きてしまったから、
暗い内容になってしまった。

明後日、嫁と愛犬の荷物を嫁の実家に送ります。

これでちょっとはスッキリすればいいけど。




うつ病ランキング


別居生活ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村