あくまで僕の場合の事なんですけど、

鬱っぽくなって
自分で何かおかしいと感じ始めた時の事。

今日、思い出した事があるので
記録として記したいと思います。


何個か症状はありましたが、
今日思い出したのは、

噛むのが面倒くさい
これです。


食欲がなくなって、お腹減らない。

でも、何か食べないと力が付かない。

仕方なく何か食べようとしても、
噛むのがめっちゃ面倒くさいんです。

これは今でも続いている事なんですけど、

固い食べ物はもちろん、
柔らかい食べ物でも
噛むのが面倒くさくなるんです。

でも食べないといけないので、
柔らかそうなパンを食べたりするんですけど、

柔らかいパンでも噛むのが面倒で、
飲み込むのも辛い。

大好物のお好み焼きすら
食べる気もなくして、
口に入れて噛むのが面倒くさくなって
食べる気をなくす。

うどんもそうです。

柔らかくても
噛まないといけないものが
面倒くさくて
食べる気をなくすんですよ。

今もそうですけど。

ビールが大好きだったので、
不眠もあり、

仕事が終わって帰宅したら
すぐにビールを呑んでました。

ビールは噛まなくてもいいので。

でも、何本飲んでも酔わなくなりました。

前までなら、
500mlの缶を2本も呑めば
ほろ酔いになって
気持ちよく眠れたのに、

延々と飲み続けられるくらい
酔わなくなり、

食欲がないので
何も食べずにビールを呑むだけだと
身体に悪いので、

柔らかくて、あんまり噛まなくてよくて
のどごし?の良いゼリーを
チビチビと口に入れながら呑んでました。

いちおう身体に良さそうなミカンとか
アロエのゼリーをチビチビと食べてました。

何本ビールを呑んでも酔わないし、
あんだけ美味しかったビールの味も感じない。

美味しかったハズなのに。

めっちゃ好きやったのに。

お好み焼きも大好きで、
毎日お好み焼きでも良いくらいだったのに、

全然食べたくならないし、
目の前に出されて口に入れても
噛むのすら面倒くさく感じて
味も感じない。


最初、なんかおかしいと感じたのは
こんな感じでした。


今もまだ噛むのが面倒で
食欲もないんですけど、

薬を飲むために
身体を保つために
バナナとかリンゴとか
相変わらずのゼリーとか、

頑張って噛んで野菜サラダとか食べてます。

噛むのがまだ面倒くさいし、お腹も減らないけど。


精神科の先生は

「食欲がなければ食べずに薬を飲んでも問題ない」

と、言ってたけど、
鬱っぽくなってから体重が6キロは落ちているので
母親が心配するので

なんとか頑張って噛んでる感じです。


鬱っぽくなる前は、めっちゃ食べてたのに、
急にそんな感じになったら
やっぱりおかしいですよね。

すぐに戻ればいいけど、
ずっと続くと後々大変なことになるので、

自分で自分がちょっとでも
おかしいと感じたら、

迷うことなく病院に行く事をお勧めします。

病院でなくても、
市などに無料の相談があったりしますので、

専門家に相談してみるのが一番良いかと思います。


鬱と診断されてから、
自分が住んでる市に無料の相談会をやっているのを知ったので、

最初から知っていれば
休職にまでならずに済んだかもしれないけど、

もうこうなってしまったからには
どうしようもないし。

このブログを見ている方で、
ちょっとでも違和感を感じたら
すぐに専門家に相談して
それが救いになれば良いかなと思いました。

知人とか、友人ではなくて
専門家や病院で相談するのが一番です。

事前にネットで評判を調べて
良さそうな所に行くのが一番いいですけど、

良い病院は予約でいっぱいで
半年待ちとか
新規は受け付けていない病院もあったので(自分調べ)

一秒でも早く動いた方がいいです。

本人が動けなければ、
身近にいる家族の方が
強引にでも病院に連れていってあげてください。

そのままにしていると悪化の一途をたどるだけです。
僕みたいに。


ほんまに。


もし、病院や専門家に相談して
鬱じゃなければ、それはそれで解決じゃないですか。

別の病気かもしれないけど、
その時は紹介してもらえるだろうし、

鬱だったら治療や休養をすぐに始めた方がいいです。


しんどいまま生きていくのが
どれだけ辛いことか。

本人にしかわからない事なんですよ。

元気そうに見えても、
心は壊れているかもしれないんですよ。

ちょっとでも違和感を感じたら、
すぐに専門家や病院へお願いいたします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村